「聖書の時代と風物」 1章  古い衣服と新しい布地
3章  神は祈りを大切にされる
第2章  

古い皮袋と新しいぶどう酒


「だれも、新しいぶどう酒を古いびん(欽定訳、皮袋)に入れはしない。もしそんなことをしたら、新しいぶどう酒はびんをはり裂き、そしてぶどう酒は流れ出るし、びんもむだになるであろう、新しいぶどうは、新しい革袋に入れるべきである。」とイエス様は言われた。(ルカ5:37、38、マタイ9:17、マルコ2:22)

このたとえは、新しい布地と古い衣服と類似のもので、本質的に同じ意味を伝えています。この話は絵にかくように鮮やかなもので、これらをよく知っている人々にとっては、間違うことのできないものです。西洋人にとって、びんの経年ということは重要ではありません。新しくても古くても、びんは基本的には同じ強さをもっています。わたしたちは栓を抜いて空になったびんを店に返して、デポジット(保証金)の払い戻し金をもらいます。びんはほとんど無期限に繰り返し使用されます。それでは古いびんはなぜ、新しいびんのように良くないのでしょうか。

現代の工業では安全に封をされたぶどう酒を入れるびんの経年については全く問題がありません。それではなぜイエス様は、だれも、新しいぶどう酒を古いびん(欽定訳、皮袋)に入れはしない、と、言われたのでしょう。イエス様が言われたこのびんは、わたしたちが慣れているガラス製のびんではありませんでした。イエス様の時代には、山羊や羊の皮の皮袋が水の持ち運びやぶどう酒の貯蔵に使用されました。動物を殺してから、体から皮を分離するために、鳥の羽根や麦わらを使って空気を皮の下に吹き込みました。体は皮から取り出されました。皮は始めに頭と足を切断したままでそれ以上傷を付けないようにされます。そしてしっかりと結ばれ、皮は完全な袋か「びん」となります。

私は、しばしばモロッコでも、縄や革紐で肩に吊された羊か山羊の革袋の水運びを見ました。彼らは通りやマーケットで喉の渇いた人達に飲水として売り歩いていました。
皮のびん(skin bottles)は、創世記21:14、ヨシュア記9:4、13 など、度々聖句で言及されています。キングジェームズバージョン(聖書)では、不運にも「bottles,びん」という単語が用いられたのは誤解を招きます、正しくは「skins、革袋」です。

この背景がイエス様の言葉に現実の意味を与えます。
新しい、できたばかりの革袋は、ブドウ酒が発酵するときの圧力で伸びるに十分な柔軟性と弾力性があります。それに反して、古い堅いものはばらばらに破れてしまい、「革袋」とブドウ酒の両方ともだめになるのです。イエス様の教えのキリスト教(Christianity)は古いユダヤ主義を包含し得ないばかりか、律法主義の束縛に制限されないものだということなのです。

パリサイ人たちは、少なくともある程度まではヨハネの禁欲生活と苦行を認め、彼の説教にも同意できました。彼らは、イエス様の教えと自由と喜びを強調する教えに不審を持ち、ヨハネの断食と祈祷の習慣を支持しました。彼らは尋ねました、「ヨハネの弟子たちは、しばしば断食をし、また祈りをしており、パリサイ人の弟子たちもそうしているのに、あなたの弟子たちは食べたり飲んだりしています。」(ルカ5:33)。

イエス様は実際に答えました。「私は弟子たちに新しいワインをもたらした。私は、人々に新しい命を、新しい誕生、新しい性質、新しい喜びと祝福や、硬直した権威主義や死んだ形式主義に限定されたり、混ぜ会わせることのできない新しい福音をもたらした。あなたがたは敬虔を装っているにすぎない。あなたがたは白く塗った墓に似ている。外側に現れるもので人を引き付けるが、内側は死と堕落で満ちている。私が、この世にもたらした新しいいのちと喜びは、これらの死んだ形式主義とは相入れないものである。」(参照マタイ23:27)

イエス様は、神の国を尋ね求めていたエルサレムのラビのニコデモに、神の国へ入るためには、もう一度生まれなければならないこと、全く新しいいのちと新しい性質を受け入れなければならないことを告げました。「誰でも新しく生まれなければ、神の国を見ることはできない。」(ヨハネ3:3)

永遠の命であるキリストの救いの新しいワインは、口で言い表すこのできない新しい喜びなのです。これは、古い精神的に生まれ変わらない、古い自然の人には、決して注ぐことのできない救いの喜びなのです。このワインは、古い自然の人を破り裂いてしまうのです。人は、新しい心、新しい性質、新しい霊を与えられなければなりません。「新しく造られたもの」にならなければなりません。使徒パウロが認めたことは、総ての人が「キリストにあって」(in Christ)新しくなることです。(第2コリント5:17、参照エゼキエル36:26〜27、エペソ4:24、ヘブル10:16〜17) 福音の新しいワインは、生まれ変わらないいのちや、宗教的な形式主義の古い革袋に入れることはできません。それらのすべての古いものは過ぎ去って、すべてが新しくなるのです。「見よ、すべてが新しくなったのである」(第2コリント5:17)。実にイエス様が来られたのはこのためなのです。人がキリストを主また救い主として受け入れるとき、その人は、新しい心、新しいいのち、新しい性質、新しい力、新しい喜び、新しい歩み、新しい希望、新しい平和、新しい願い、新しい楽しみを受け入れるのです。つまりすべてが新しくなるのです。

自然の人は霊の新しいワインを受け入れることができません。霊的なことがらは、馬鹿ばかしく好ましくないと思えるのです。改心していない人はしばしば宗教的カリキュラムの中にこの福音を据えようと試みます。また神への奉仕の達成のためにキリストと儀式主義、権威主義を合わせようとします。しかし、満足すべき結果を得ることは不可能です。

「誰も、古い酒を飲んでから、新しい酒を欲しがりはしない。古いのが良いと考えているからである。」(ルカ5:39)。人生にとってこれは真実です。しかしながら、キリストによる新生と新しいいのちを得ていない人は、本当の救いと内面の満足を得ることはできません。まれに宗教が十分でないこともあります。それは権威主義的な義では不十分だからです(マタイ5:20)。宗教的儀式や集会は重要ではありません。

すべては新生の結果による新しい創造なのです。

 

 

「聖書の時代と風物」 1章  古い衣服と新しい布地
3章  神は祈りを大切にされる