「聖書の時代と風物」

 序文

2章  古い皮袋と新しいぶどう酒

第1章  

古い衣服 − 新しい布地


イエス様が取税人や罪人と仲良く交際したことや、ヨハネの弟子たちと彼の弟子たちの行いを比較して、パリサイ人がイエス様を批評したとき、イエス様は言いました、「だれも、織りたての布から布切れを取って、古い服に継ぎを当てたりはしない」(マタイ9:16)。詳細はマタイ9:14〜16、マルコ2:18〜21、ルカ5:33〜36 を、お読み下さい。

イエス様が語っていたその「布地」とは、加工されていない生の糸で、手織りの毛織物でした。そのような布地で衣服が作られるとき、それが洗濯や日に晒(さら)されることによる変質や縮み方の驚くべき大きさなども重要になってきます。織り地の基本的な違いや、寸法の大幅な減少ということも起きてきます。
しかしいったん衣服が経時変化を終えた状態で最終的な大きさに縮んでしまうと、裂けや穴などを直す目的で、新しい縮んでいない物で繕うとすることは、実行不可能なことであり、考えられないことでした。その新しい布地は、衣服の一部として晒されることにより、織り方の違いと合わさって極端に縮んでしまう過程で、古い部分をさらに引き裂いてしまうことになります。イエス様が言われたように「破れがもっとひどくなる」のです。イエス様は聞き手が明白なこととして理解し、また同意できるように述べたのでした。

この説教の意図する霊的な意味は何でしょうか。
イエス様は敬虔な保守主義者である全盛のパリサイ人について話されました。彼らは、彼ら固有の独善的で儀式的な宗教 − 形式、断食、祈祷することなど、その「古い衣服」に執着していました。彼らは、禁欲生活と苦行に特徴づけられた預言者バプテスマのヨハネの群れを、快く受け入れ支持できました。彼らは、「ヨハネの弟子たちは度々断食し、祈りをしている」と(ルカ5:33)、イエス様に言いました。これは彼ら自身が最も卓越していることでした。これが彼らがしがみついている独善的な古い衣服への、古い布地でした。それらは行いと儀式の宗教でした。

独善的な「古い衣服」はアダムまでさかのぼります。彼は最初にいちじくの葉を縫い付けました。それは、イザヤ書64:6で語られた汚れた衣のように、ぼろぼろで縮んで古びたものです。しかしイエス様は同じような古い布地として来たのではありません。 イエス様は、断食や公衆の面前での長い祈りや、顔を見苦しくする偽りの宗教的見せかけや、その類いのものを誇示せず、また価値あるものとしませんでした。 イエス様は何か新しいものを人々に提供するために来たのです。イエス様はその教えの中に、新しい恵みと、新しいパンと水、新しい誕生と、新しい生命だけでなく、新しい方法と本質という、新しい教義をもっていました。(マルコ1:22、27、11:18)

パリサイ人は、キリストの新しい教義を受け入れる準備が出来ていませんでした。彼らは、イエス様の権威に疑いを持ち、イエス様の要求を否定し、イエス様の教えを拒絶しました。彼らはイエス様の教えの一部を取り入れ、彼らの古い宗教的衣服に継ぎ張りしようとしました。しかしイエス様はそうすることは出来ないことだと告げたのでした。
キリストは、人間の自己義認や、宗教的な権威を頼みとする精神とは逆の、キリスト自身がこの世にもたらした新しい喜びと、魂の自由を紹介しました。
パリイサイ人たちはこの考えを理解出来ませんでした。イエス様は彼の使命の霊的真実を、彼らが容易に把握出来る説明によって、彼らに明らかにしました。イエス様は取税人や罪人の魂に新しい命と自由をもたらしたのでした。それは、イエス様が取税人の家で食事をしたとき、マタイを召命し彼が受け入れた後のことでした。イエス様は批判者パリサイ人たちに、イエス様の恵みと霊的回復の福音は、彼らの自己義認とは相入れないものだということをはっきりとさせました。

今日の人々も古い汚れた衣服に、洗礼の儀式、祈祷の言葉の作成、教会員の資格、宗教行事といった福音の断片でなお継ぎ張りを試みています。しかし神は人の古い不完全な衣服に、僅かな「新しい」継ぎ張りだけで済ますことは受け入れられません。神は私達を、子なるイエス・キリストの「救いの衣、義の上衣」(イザヤ61:10)である染みひとつない義の完全な新しい衣服へと拡大します。この新しい衣服が、総ての人の罪と裸の状態を覆うことが出来、永遠の命と神の聖なる交わりにふさわしくするのです

パッチワークは外観上不調和であり、本質的にも相入れないものです。しかし、キリストが与えて下さる「義の衣」は、その人を、人々にも、天上の御使いにも、神ご自身にも受け入れられるものにして下さるのです。
 

 

「聖書の時代と風物」

 序文

2章  古い皮袋と新しいぶどう酒