「聖書の時代と風物」

12章  陶器師と陶器

14章  都市の門

第13章

聖書の中のオイル

オイルは聖書の時代とその土地において、さまざまな利用法の有る品物でした。しかしその大多数が我々の「オイル」の概念とは異なるものでした。

それらはいずれも石油製品を意味しないもので、旧約聖書におけるオイルには4つのヘブライ語の単語があります。 申命記33:24の説明に、それが中東の石油資源についての予言だとするのは、こじつけの解釈であって、文脈からは支持できないことが分かります。
ここの単語「オイル」はオリーブオイルを意味するために使われる単語です。
アーサー・B・ Fowler 教授が言いました、「聖書の中のオイルは、 ほとんど常にオリーブオイルです。多分唯一の例外はエステル記2:12の、 「没薬のオイル」を意味します。 しばしば「軟膏ointment」と訳される、スパイスと香水を混合して調合された塗るための聖別されたオイルでさえ、基本的にはオリーブのオイルでした。
聖書の時代で純粋に化粧用の用途であったオイルも同じようなものでした 。 オイルが不潔物と不純物を落とし、皮膚を洗浄して、浄化するために使われました。 私は宣教師としてモロッコにいました。そこで、私は、オリーブオイルがほかの何よりも容易に油としつこい汚れを手から取り除くことができることを見いだしました

さらに手には心地よさが残りました。

確かにエレミヤ記2:22に言及された「石けん」は疑いもなく、エレミヤの時代に使われた標準的なタイプの石けんであった灰汁(炭酸カリウム)とオイルの混合を意味します。
ルカ7:46で言われている「あなたは頭にオリーブ油を塗ってくれなかった。」が示しています。油を塗ることは、主人がお客を丁重にもてなす行為であったことを表しています。 お客に油を塗ることは、その人に対する主人の愛着と来訪を喜んでいることの意思表示でした。
これは聖霊による霊的な油を塗ることを象徴しています。

私は、神に忠実なベテランの宣教師の祈りをいつも思い出します。「おう、主よ、私たちは感謝いたします。聖霊がいつも私たちの人生を最善に計らって下さいますことを」。 幾度となくその祈りを聞いてから、信者の生活で聖霊がいつも私たちの人生を最善に計らって下さったことを、神に感謝しました。 それから、私の働きの上にもそれらが豊かに満ちるようにと祈りました。


我々が北アフリカに行ったときのことです。ショートニングを必要としたすべての食物の準備段階にオリーブオイルを使っていることは異常に思われました。
パイの皮さえショートニング成分としてオリーブ オイルを使って作られなければなりませんでした。 近年は際立って、種々のタイプの調理用油が、西側諸国で幅広く使用されるようになりました。ラードとバターなどの使用が古い方法を廃れさせています。
食物成分として使用されるすべてのタイプのオイルの中で、 オリーブオイルが最も健康によいと思います。
単にオイルが食物の準備段階で使われるばかりでなく、実際の料理や、食物を揚げる事にも使われました。中東の珍味の食物に発酵したパン生地をたっぷりのオリーブオイルで揚げたものがあります。


カナンではオイルの豊富な供給が土地の豊かさを証明していました。
聖書全体で、オイルは、特に聖霊との関連において、神の供給を象徴します。 飢えた魂が満足させられることによって、キリストは命のパンであり、
生きている水であることを、聖霊が証しします。
みことばの蜜と肉は、信仰と、みことばを聞く人たちに利益となるような聖霊の働き(ヘブル4:2)とが、ミックスされています。 我々の精神と心に神のみことばの食物を用意して下さるのは聖霊だけです。


イエス様は良きサマリア人の寓話でオイルを薬の目的として用いることにそれとなく言及しました。
道路わきに横たわる哀れな強盗の犠牲者に会ったとき、彼は「近寄って傷に油とぶどう酒を注ぎ、包帯を」(ルカ10:34)。しました 羊飼いは、羊が負ったけがや打ち身に塗布するために習慣的にオイルを使いました。
化粧品としてのオイルの使用の言及は聖書ではかなり頻繁です。 次のような節に気付いてください
第2歴代誌28:15と、ルカ7:46です。 「オイル」の語は、香水を付けられた、そしてスパイスが利いたオイルを意味する「軟膏」として旧約聖書で時々記されました。 詩編104:15 で我々はオイルが顔を輝かせる、化粧品としてのオイルの使用として参照されることについて読みました。
オイルは種々の化粧的な目的のために使われました:芳香を作り出して、皮膚を「輝かせて」、そして柔らかくするために。 しばしば、入浴した後で、人々が健康と化粧の両方の理由でオリーブオイルで体の全体をマッサージをするでしょう。
この使用の象徴的な意味は明確です。

神が、神にある生活を満たして用いることを許す、人の生活に聖霊は芳香と輝きをもたらします。 聖霊に満たされた人の生活には、自然の人には何一つない、光と精神的な芳香があります。
神の神聖な美しさはすべてのクリスチャンから輝くべきです。
それは常に聖霊によって正しくコントロールされる人たちの生活に見られます。

聖書の土地での非常に必要な、そして顕著なオイルの用途はランプのための燃料としてでした。 ランプは、大会堂と寺院と同様、居住地での光の主要な源でした。 普通のランプは小さい粘土の器で、 オイルの中に芯を寝かして、端が一種の注ぎ口か、窪みになって芯を支えるように作られ、オイルを使い切ると消えるように作られていました。
より裕福な家や大会堂と寺院での使用のためのより精巧なランプは真ちゅうから作られて装飾性の高いものでした。それでもなお基本的な原則は同じでした。

象徴的なレッスンは非常に明白です。
聖霊は クリスチャンの心を、神の真実と愛で燃えているようにします。 それからクリスチャンの生活でその炎を有効に保つために必要なすべてを供給します。 私たちの周囲の暗い世界の中で、燃えることが許されている人が、私たちの命から真実の光を放つことができるのです。
(神に従う人の道は輝き出る光/進むほどに光は増し、真昼の輝きとなる。箴言4:18) 神だけが、我々自身と他の人たちを足をキリストに向けるための必要とする明りを供給することができます。(ヨハネ 14:6)

聖書の中のオイルの多分最も重要な使用法は、特定の高い務めに当たるに人たちの任職の為の油注ぎでした。
 司祭(出エジプト記 28:41、29: 7) 、預言者(第1列王記19:16)と国王(第1サムエル. 10:1、16:12,13、第1列王記1: 39) らが、神聖な仕事を始める前に、油を注がれました。
 神から選ばれて、これらの任務に任命された人たちには、日常の仕事から解放されて、神聖な任務に仕えるために神の賢明さ、指導と力を必要としました。
 
彼らはその仕事のために聖霊によって選ばれ任命されていたという事実を象徴するためにオイルで油注ぎされました。
「救世主」という言葉は、文字通りには「1人が選ばれました」ということを意味します、そしてイエス・キリストが地上の、しょく罪の任務のために、霊によって選出されたという事実を示したのは、この油注ぎによる聖職者の資格でした。 キリストは自身に、預言者、祭司と国王のすべての任務と機能を合わせ持っています。 彼は アロンの子孫の祭司のいずれよりも偉大で、そしてすべての旧約聖書の預言者より偉大です。 彼は、「王の王、そして 主の主」(師 19:16)です。 キリストの洗礼の時点で、彼の公的な務めのために聖霊による特別の油注ぎが、素晴らしい天よりのハトの現れと天からの父なる神の声によって示されました。
クリスチャンも同じく聖霊により、聖なる任職と油注ぎを受けているのです。

使徒ヨハネ(第1ヨハネ 2:20,27)、によって言及された一般的な油注ぎはすべての信者が受けています。 これは霊的な理解と知識を与えます。


聖霊が主の働きで行なわれる特別な仕事のために与える特別な油注ぎもあります
クリスチャンが失われた魂に対して証しするとき、この種の油注ぎを必要とします。
また説教師が、説教壇の中に足を踏み入れるときも、そして宣教師が、異教徒にキリストを示すときも、同様です。

 

参考 「ショートニング《焼き菓子をさくさくさせるために用いる脂肪》」


 

「聖書の時代と風物」

12章  陶器師と陶器

14章  都市の門