電話でのライセンス認証 2015.12.14

 

電話でライセンス認証をしました。

ノートパソコンにOS Vistaをインストールして、ネットに接続すると、ライセンス認証ができない。既に他のパソコンで認証済みなので、認証できない、マイクロソフトに問い合わせるように指示が出る。

これは2度目なので、早速電話による認証の手続きをとる。

この経緯は、まず、中古のノートパソコンと、VistaのOSを購入してインストールしてつかっていたが、古くなって分解廃棄処分していたものがあった。これはネット接続で自動に認証されていた。

次の中古のノートにこのOSをインストールした時に、電話による認証をしていたことが前回です。この機種は、メモリーの追加ができない構造の機種で、動画の再生には不調なので、古くもあり、例によって分解廃棄処分をしました。

今回がVisataの3台目の機種なので、電話認証となります。電話で、他のパソコンのOSは削除したかなどのやり取りの後、下の手順の5番目以降で認証を終える。

中古のノートは4500円〜6500円位の物を購入するので、さらに古くなるか、少し良い物が出れば買い替えても大きな負担とはなりません。

 

部品交換や、OSの再セットアップをして、自動で認証できず、ライセンス認証を求められた場合には、電話でライセンス認証をおこなう必要があります。

 

 


 



電話から Windows ライセンス認証を行う方法 ( Windows8 DSP 版 )

ネットワーク経由で Windows ライセンス認証ができなかった場合、電話からライセンス認証を行うことができます。
1. 「 Windows + R 」 キーを同時に押します。
2. デスクトップ画面で 「 ファイル名を指定して実行 」 が表示されたら、「 slui.exe□4 」 と入力して、「 OK 」 をクリックします。
※ 「 slui.exe□4 」 の 「 □ 」 は、1 文字分のスペースです。
3. 「 Winodws のライセンス認証 」 画面が表示されたら、「 プルダウン 」 をクリックして、表示されたメニューから 「 日本 」 を選択してください。
4. 「 日本 」 が選択されていることを確認し、「 次へ 」 をクリックします。
 


5. 「 電話による Windows のライセンス認証手続き 」 画面が表示されたら、下記の画面が表示されたら、赤枠内の 「 無料電話番号 」 にお問い合わせください。
   0120−801−734

※ 以下の作業を行う前に、予めメモを取る準備をしてください。
6. 下記の 「 @ 」「 A 」 の順番で、音声ガイダンスの指示が流れます。それぞれ電話の 「 1 」 ボタンをプッシュします。
@ 日本語希望 ⇒ 電話の 「 1 」 ボタンをプッシュします。
A Windowsライセンス ⇒ 電話の 「 1 」 ボタンをプッシュします。
7. 音声ガイダンスの指示で 「 インストール ID 」 を求められたら、赤枠内の番号をプッシュしてください。
8. 音声ガイダンスの指示にしたがって、「 確認 ID 」 をメモして下さい。
9. 赤枠内の A から H に、「 確認 ID 」 を入力します。入力が完了したら、「 ライセンス認証 」 をクリックします。
10. 表示される画面の指示に従って、ライセンス認証作業を行ってください。
以上です。