雑記帳の目次ページへ戻る

2010年11月10日
「聖書の中の見えない数字」


聖書にはいくつかの数字が象徴的に用いられています。
完全性を表す7、この世の権力を象徴する10、ほかにも3、4、12、10分の1もよく知られているとおりです。また666や、144、000なども特定の意味をつけられており、読む者の興味をおおいにそそるところです。

他方では、記述として表現されていない見えない数字や、そこから計られる量についても考察することができます。中でもエジプトを出てからカナンの地にはいるまでの「出エジプト」の放浪中に興味深いものが多くあります。


もっとも以下の隠れたこれらの数字は、もともと根拠のありそうで、ないものと言うべきか、無さそうであるというべきか難しいところです。ですから、参考程度と承知して楽しんでくださ い。


イスラエルの総数。民数記1章45、46節によれば、兵役に就くことのできる20歳以上の者(60歳までとして)が、603、550人とあります。

男女の比率は自然な状態では、未成年では男性が5パーセント程度女性よりも多く、壮年ではほぼ同じで、老年で男性が少なくなるところから、20歳から60歳まででは、ほぼ同数、又は女性の比率が若干大きいと言えます。

ここでは男性が約60万人、女性も60万人と考えられるとします。

また年齢別人口構成は抑制のないときは、おおむねピラミッド型になるので、20歳未満の人口は、成人の20歳から40歳までの人口よりも、多くなります。エジプト時代では世代交替は10から20年、平均寿命は40歳位であったようです。日本でも第2次大戦中、直後は40歳代でした。今日の長寿時代は、長い歴史上では一面「異常」とも言えます。

そして、この間の人口をおおむね60歳までの3分の2として、男女合計の3分の2の80万人とすると、未成年男女の合計人口を控えめに見てその2倍とすれば、160万人程度とみることができます。すると総勢280万人となりますので、通常、2百万人から3百万人と言われてきたことが妥当であると納得できます。

さて、荒野の40年間で成人の3人を除き完全に世代交替が行われましたが、26章51節では世代交替後のイスラエルの子孫は、601、730人と記されています。環境が劣化すれば通常個体数は減少するのが自然ですが、カナン到着時の人口が、減少なしにほぼ同数であったことは驚嘆すべきことです。


ついでながら、人を数える単位は「何人」、それとも「何名」でしょう。日本の新聞協会の申し合わせでは、「何人」を用いることになっているそうです。韓国のある教会を訪問したとき、年配の役員さんから「今、日本では、人を数えるときどちらを使っているか」と尋ねられたことがあります。その方は「自分は何名と数えられるには心理的に抵抗がある」と、言われていました。私はそれ以来、人を数えるときには、「何人」と、言い、書くようにしています。

イスラエルが葦の海を渡るに要した時間は何時間になるでしょう。出エジプト記14章19節以下に、イスラエルが葦の海を渡ったことが記されています。夜のうちに渡り始め、朝となり、次の朝に渡り終えています。
1日24時間に加えて半夜以上、最大1日半を要したことがわかります。次の「朝」が次の朝のことではなくその日の朝の繰り返しだと一晩になりますが。

同じくヨシュア記3章のヨルダン川を渡った時は、川幅約3百メートルを渡り終えて礼拝を捧げる前までの時間を要しました。

2百万人の人とその家畜の渡渉に、たぶん朝早くから午後までの昼間の3分の2位の時間を必要としたでしょう。


またマンナとウズラと水についてもその総量を計算できます。

パンと呼ばれたマンナについて出エジプト記16章14、15節に記されています。家族の数に応じて、一人当たり1オメル(2.3リットル)。これはイスラエル全体では1日当たり460万リットル以上となります。20トントラックで毎日約200台分の恵みが40年間継続され、カナンの地で収穫が始まるまで降り続けました。

落ちたウズラについては民数記11章31以降に記されています。縦横1日の道程(約20キロメートル)の面積は4億平方メートル、積もった高さは2アンマ(90センチメートル)となっています。

これはウズラ1羽1リットル位として、1平方メートル1段で100羽、90センチでは900羽、単純計算で3600億羽となります。

少ない者でも10ホメル(2300リットル)集めましたから、集めた人は一人当たり約2300羽以上を集めたことになります。

岩から湧き出た水の量については民数記20章11節以降からみることができます。人とその家畜が飲んで満足したとありますから、4分の3を工業用水用として、人口50万人の都市の水道本管出口に匹敵する湧水量であることが分かります。

都の大きさが、黙示録21章16に記されています。

長さも幅も高さも同じで、1万2千スタディオンとなっています。 1スタディオンは185メートルですから、222万メートル、すなわち一辺の長さが2、220キロメートルとなります。

大分と大阪の距離が約5百キロ、東京では約1千キロですからこの2倍以上の幅と長さと高さがあります。

高さは、60万階建のビルに相当します。1階から最上階まで直通エレベーターを設置するとなると、現在のロープ巻き上げ式の限界は約8百メートル、2百階程度ですから、現在研究中のリニアモーター式の磁力エレベーターでないと直通は利用できないことになります。

それでも10から30時間もかかりますから、霊的に移動しなければ不便でしょうか。

また一人当たり百メートル角、1万平方メートルの個室を(私にもいただけるとして)、共用面積を半分にしても、ざっと1フロアに2億5千万人が住むことができます。

全体ではその60万倍以上のキリスト者が入居できることになります。

イエス様は「住まいの用意ができたなら」迎えに来てくださると約束してくださいましたが、なかなかお見えにならないのは、インテリア工事に手間どっておられるからでしょうか。そんなことはないはずですね。

21章17節には、わざわざ人間の物差しによって測ったと、ことわりのあるこの住まいは、文字通りの「マンション」(マンションの本来の意味は広大な豪邸)ですね。
 

実に私たちの、主なる神は、多くの恵みを与えてくださるお方であり、私たちが事を成し遂げるために、お支えくださり、待っておられるのです。