トップページへ)(礼拝説教の目次ページへ)  

前週のページへ)(次週のページへ)

説教
2017年  8月 13日

聖書    「 列王記上17章」

 


17:1 ギルアデのティシュベの出のティシュベ人エリヤはアハブに言った。「私の仕えているイスラエルの神、主は生きておられる。私のことばによらなければ、ここ二、三年の間は露も雨も降らないであろう。」
17:2 それから、彼に次のような主のことばがあった。
17:3 「ここを去って東へ向かい、ヨルダン川の東にあるケリテ川のほとりに身を隠せ。
17:4 そして、その川の水を飲まなければならない。わたしは烏に、そこであなたを養うように命じた。」
17:5 それで、彼は行って、主のことばのとおりにした。すなわち、彼はヨルダン川の東にあるケリテ川のほとりに行って住んだ。
17:6 幾羽かの烏が、朝になると彼のところにパンと肉とを運んで来、また、夕方になるとパンと肉とを運んで来た。彼はその川から水を飲んだ。
17:7 しかし、しばらくすると、その川がかれた。その地方に雨が降らなかったからである。

 


説教          預言者エリヤ」

 


 今日の聖書は、旧約聖書の「列王記上17章」 です。

 イスラエルは、サウル、ダビデ、ソロモンの王国の後は、力が弱くなっていきました。国は南北に分裂し、アッシリヤやバビロンの捕囚となっていきます。
「列王記」 はこの王たちの様子を記しています。

 預言者エリヤは、アハブ王の時代に現れた預言者で、旧約時代の最大の預言者と呼ばれています。 

 アハブ王は、北王国イスラエルの7代目の王で紀元前874―853年の、22年間王位にありました。

 列王記上16章にはアハブについて次のように記しています。」
「オムリの子アハブは、彼以前のだれよりも主の目の前に悪を行なった。彼にとっては、ネバテの子ヤロブアムの罪のうちを歩むことは軽いことであった。それどころか彼は、シドン人の王エテバアルの娘イゼベルを妻にめとり、行ってバアルに仕え、それを拝んだ。さらに彼は、サマリヤに建てたバアルの宮に、バアルのために祭壇を築いた。アハブはアシェラ像も造った。こうしてアハブは、彼以前のイスラエルのすべての王たちにまして、ますますイスラエルの神、主の怒りを引き起こすようなことを行なった。」( 16:30ー33)

 古いイスラエルは、出エジプト記などにありますように、神様に愛された民族として、神様の愛にふさわしい生き方を求められています。

 しかし、歴史の流れの中で、今日の諸国の政治と同じように、時の為政者によっては権力に溺れ、異る生き方を国民に強いることがあります。

 アハブ王は、唯一の神信仰から離れ、異邦の農耕神である肥沃の神の礼拝を強固なものにします。このことは唯一の神礼拝にとっては真っ向から敵対する行為でした。

 ここに主なる神様はエリヤをアハブに遣わして言わせました。「私の仕えているイスラエルの神、主は生きておられる。私のことばによらなければ、ここ二、三年の間は露も雨も降らないであろう。」(17:1)

 露も雨も降らない干ばつが二、三年も続けば、日本などと違って水利の良くないこの地では農耕は、壊滅的な打撃を受けます。

 この17章からはエリヤをとおして、偶像礼拝との戦いの中に、また日常のうちにも神様の守りと、力が現されていきます。

 「預言者エリヤ」については、ポケット聖書辞典に次のようにあります。
「エリヤ。イスラエルの偉大な預言者。アハブ、アハズヤ王の時代に活躍。アハブのバアル礼拝を責め、バアルの預言者たちと対決して勝利した。アハブの妻イゼベルから逃れていた時、ホレブ山で神と出会った。アハブがナボテの畑を奪った罪や、アハズヤがバアル・ゼブブにうかがいを立てた罪を責めた。後継者にエリシャを任命し、たつまきに乗って天に昇って行った。列第一17:1」

 エリヤは、人々が神様を信じるように多くの奇跡を行いました。

しかし、聖書を読みますと、モーセもそうですが、二人とも「強い人」ではなく、どちらかと言えば「臆病」な人のようです。後込みしたり、不安に襲われたり、逃げ隠れしたりしています。

 そのような時も、「わたしを強くして下さる神様」に助けていただくことによって、前進できました。そのゴールはいかに生きるべきかという人生の勝利でした。

不安や恐れも、神様と共に生きるとき、神様は一切を取り払って下さり、勝利を与えて下さるのです。

 

 

                22421   (トップページへ)(礼拝説教の目次ページへ)                                 
 

前週のページへ)(次週のページへ)