トップページへ)(礼拝説教の目次ページへ)  

前週のページへ)(次週のページへ

説教
2017年  8月 6日

聖書    「 ローマ人への手紙5章1〜11節」

 


5:1 ですから、信仰によって義と認められた私たちは、私たちの主イエス・キリストによって、神との平和を持っています。
5:2 またキリストによって、いま私たちの立っているこの恵みに信仰によって導き入れられた私たちは、神の栄光を望んで大いに喜んでいます。
5:3 そればかりではなく、患難さえも喜んでいます。それは、患難が忍耐を生み出し、
5:4 忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。
5:5 この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。
5:6 私たちがまだ弱かったとき、キリストは定められた時に、不敬虔な者のために死んでくださいました。
5:7 正しい人のためにでも死ぬ人はほとんどありません。情け深い人のためには、進んで死ぬ人があるいはいるでしょう。
5:8 しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。
5:9 ですから、今すでにキリストの血によって義と認められた私たちが、彼によって神の怒りから救われるのは、なおさらのことです。
5:10 もし敵であった私たちが、御子の死によって神と和解させられたのなら、和解させられた私たちが、彼のいのちによって救いにあずかるのは、なおさらのことです。
5:11 そればかりでなく、私たちのために今や和解を成り立たせてくださった私たちの主イエス・キリストによって、私たちは神を大いに喜んでいるのです。

 


説教          キリストによる和解」

 


 キリストと十字架の死についてポケット聖書辞典に次のようにあります。

 「キリスト。ヘブル語のメシヤに相当するギリシヤ語。「油注がれた者」の意。祭司や王にも用いられたが、特にダビデに永遠の王座が約束されてからは、ダビデの血統から出る偉大いな救い主と考えられた。新約では、イエスに対する称号として用いられた。マタイ16:1。」

 「キリストの十字架の死。人間の罪の刑罰をキリストが代わって受けたことを意味する。この死によって罪に対する神のいかりは宥められ、神と人間とが和解し、人間は救われた。」

 偉大な救い主であるお方が、人間の罪の刑罰を身代わりとして受けたことが十字架の死であることが分かります。イエス様の死とは、ご自身の罪のためではなく人間の罪の代償としての刑であったことです。「この死によって罪に対する神のいかりは宥められ、神と人間とが和解し、人間は救われた。」のです。

 今日の聖書はパウロが書いたローマ人への手紙です。ここではイエス様が死んで下さったことによって、わたしたちに対する神様の愛が記されています。

 「ですから、信仰によって義と認められた私たちは、私たちの主イエス・キリストによって、神との平和を持っています」。5:1

 「信仰によって義と認められた」とは、

イエス様の十字架の死が、わたし(あなた)のためであったと受け入れること。
イエス様の死によって、わたしへの刑罰は不必要となり、わたしの罪は許されたこと。
わたしの罪は許されたことから、神様との関係は、敵対関係から宥和(ゆうわ、とりなすこと)され、神の家族とされることなどなどを、
認め受け入れることが信仰なのです。この信仰により、あなたは神の前において、義人(罪のない人)とされるのです。

 このようにして、和解は神様の側から既に提供されました。さらにイエス様は、死にとどまらず、復活を通して信じる人に、イエス様と共に生きる永遠の命までも与えて下さるのです。

 あなたは、「私たちの主イエス・キリストによって、神との平和を持って」いらっしゃるでしょうか。

 

                2247   (トップページへ)(礼拝説教の目次ページへ)                                 
 

前週のページへ)(次週のページへ