トップページへ)(礼拝説教の目次ページへ)  

(前週のページへ)(次週のページへ

説教
2017年  7月 30日

聖書    ガラテヤ3:15-29」

 


3:15 兄弟たち、分かりやすく説明しましょう。人の作った遺言でさえ、法律的に有効となったら、だれも無効にしたり、それに追加したりはできません。
3:16 ところで、アブラハムとその子孫に対して約束が告げられましたが、その際、多くの人を指して「子孫たちとに」とは言われず、一人の人を指して「あなたの子孫とに」と言われています。この「子孫」とは、キリストのことです。
3:17 わたしが言いたいのは、こうです。神によってあらかじめ有効なものと定められた契約を、それから四百三十年後にできた律法が無効にして、その約束を反故にすることはないということです。
3:18 相続が律法に由来するものなら、もはや、それは約束に由来するものではありません。しかし神は、約束によってアブラハムにその恵みをお与えになったのです。
3:19 では、律法とはいったい何か。律法は、約束を与えられたあの子孫が来られるときまで、違犯を明らかにするために付け加えられたもので、天使たちを通し、仲介者の手を経て制定されたものです。
3:20 仲介者というものは、一人で事を行う場合には要りません。約束の場合、神はひとりで事を運ばれたのです。
3:21 それでは、律法は神の約束に反するものなのでしょうか。決してそうではない。万一、人を生かすことができる律法が与えられたとするなら、確かに人は律法によって義とされたでしょう。
3:22 しかし、聖書はすべてのものを罪の支配下に閉じ込めたのです。それは、神の約束が、イエス・キリストへの信仰によって、信じる人々に与えられるようになるためでした。
3:23 信仰が現れる前には、わたしたちは律法の下で監視され、この信仰が啓示されるようになるまで閉じ込められていました。
3:24 こうして律法は、わたしたちをキリストのもとへ導く養育係となったのです。わたしたちが信仰によって義とされるためです。
3:25 しかし、信仰が現れたので、もはや、わたしたちはこのような養育係の下にはいません。
3:26 あなたがたは皆、信仰により、キリスト・イエスに結ばれて神の子なのです。
3:27 洗礼を受けてキリストに結ばれたあなたがたは皆、キリストを着ているからです。
3:28 そこではもはや、ユダヤ人もギリシア人もなく、奴隷も自由な身分の者もなく、男も女もありません。あなたがたは皆、キリスト・イエスにおいて一つだからです。
3:29 あなたがたは、もしキリストのものだとするなら、とりもなおさず、アブラハムの子孫であり、約束による相続人です。

 


説教          ひとつとなる」

 


古今東西、人は人と争い、国は国に敵対してきました。

2千年前イエス様は、「そこではもはや、ユダヤ人もギリシア人もなく、奴隷も自由な身分の者もなく、男も女もありません。」と言われました。そこには、異なる国民の違い、奴隷と自由人の違い、男女の違いが人々をわけ隔てていました。しかし、「あなたがたは皆、キリスト・イエスにおいて一つだからです。」

同じキリストを信じる信仰によって人は皆、一つになれるといわれました。

それから2千年後の現在、差別的な状況は少しも変わっていないように私には思えます。
悲しいことに人も国家も私利私欲に走り、人や国民の事は少しも顧みません。差別、搾取、支配の状況は変わりません。

聖書は、人はなかなか変わらないものだと言っています。

旧約聖書の時代の、古いイスラエルの社会には、神様のみことばにしたがって生きる事ができるように、律法ができました。こういうときにはこうしなさいと、手本が基準として示されました。

ところが決まり事は、大多数の人が守っても、ごく一部の人が守らなければ、決まりは有効に目的を果たせません。

かつて神様は、旧約聖書の創世記で、アブラハムにあなたの子孫を祝福すると約束されました。その約束は、時代や社会が変わった今日でも有効だと言われます。

人の心の中に在る敵対関係を解消するには、いまは、イエス様を信じる信仰によってしかありません。
本来、人の思いは自己中心だからです。おのおのが他人の事を、自分の事のように考えることができるには、キリストの愛が必要です。

私たちの外面は、内にある内面的なものが表れます。

イエス様はたとえ私たちの内面が変わらないとしても、キリストを着ることで、外面はキリストの愛が表れるように変わるとされました。

イエス様の力が私たちを変えて下さるのです。イエス様に、私たちの全てをゆだねるとき私たちは変えられ、敵対関係は自由で平等な関係、一つの価値観で生きるように変わるのです。

イエス様はご自身の命さえ投げ出して私たちを愛して下さいました。

私たちはそんな大それたことはできないかも知れません。しかし、少しだけならイエス様に習って進むことはできるでしょう。 一部が全体に影響するのですから、あなたの善い「少し」が全体に善い影響を与える力を持っているのです


 

 

                25109   (トップページへ)(礼拝説教の目次ページへ)                                 
 

(前週のページへ)(次週のページへ