トップページへ)(礼拝説教の目次ページへ)  

前週のページへ)(次週のページへ)

説教
2017年  6月 18日

聖書    「マタイ25:31−40」

 


25:31 人の子が、その栄光を帯びて、すべての御使いたちを伴って来るとき、人の子はその栄光の位に着きます。
25:32 そして、すべての国々の民が、その御前に集められます。彼は、羊飼いが羊と山羊とを分けるように、彼らをより分け、
25:33 羊を自分の右に、山羊を左に置きます。
25:34 そうして、王は、その右にいる者たちに言います。『さあ、わたしの父に祝福された人たち。世の初めから、あなたがたのために備えられた御国を継ぎなさい。
25:35 あなたがたは、わたしが空腹であったとき、わたしに食べる物を与え、わたしが渇いていたとき、わたしに飲ませ、わたしが旅人であったとき、わたしに宿を貸し、
25:36 わたしが裸のとき、わたしに着る物を与え、わたしが病気をしたとき、わたしを見舞い、わたしが牢にいたとき、わたしをたずねてくれたからです。』
25:37 すると、その正しい人たちは、答えて言います。『主よ。いつ、私たちは、あなたが空腹なのを見て、食べる物を差し上げ、渇いておられるのを見て、飲ませてあげましたか。
25:38 いつ、あなたが旅をしておられるときに、泊まらせてあげ、裸なのを見て、着る物を差し上げましたか。
25:39 また、いつ、私たちは、あなたのご病気やあなたが牢におられるのを見て、おたずねしましたか。』
25:40 すると、王は彼らに答えて言います。『まことに、あなたがたに告げます。あなたがたが、これらのわたしの兄弟たち、しかも最も小さい者たちのひとりにしたのは、わたしにしたのです。』

 


説教          「父に祝福される人」

 


6月の第3日曜日は、「父の日」となっています。

父の日は、 母の日に対し、父親をたたえる日で、米国にはじまりました。
1910年ワシントン州スポケイン市のジョン・ブルース夫人が男手ひとつで自分達を育ててくれた父親への感謝と、男女同権の立場から提唱したのが始まりとも言われています。1934年以降6月の第3日曜日を父の日とし、1936年頃からほぼ定着しました。米国でも母の日に比べると20年ほど遅かったように、日本でもようやく定着したようですね。

キリスト教では、有名な十戒が旧約聖書に有ります。その中に、「あなたの父母を敬いなさい」とあります。俳優のチャールトン・ヘストン主演の「十戒」が、テレビ放送されたりして、ご覧になられた方もいらっしゃるでしょう。その中に石の板に刻まれた10の戒めとして紹介されていました。

聖書では、年長者を始め、父母を敬うことは、人間関係の始まり、基礎として示されています。
ところが実生活では、敬われないことが多いために、行事などで、啓蒙したり、法律で「感謝を表す日」を制定しなければなりません。

敬意を表すには、敬われる人と、敬う人の関係が必要です。

今日の聖書には終わりの時が来ると、神様の裁きが有るとしています。生前の良いことは祝福され、悪いことは罰せられます。

「さあ、わたしの父に祝福された人たち、天地創造の時からお前たちのために用意されている国を受け継ぎなさい。」と、祝福されます。今日の聖書箇所では、「奉仕すること」が求められているように有ります。しかし、その本質は、神様が私たちにゆだねていらっしゃることを、果たすかと言う問いかけなのです。

ここで、こどものいる方には父親としての「働き」が、神様からゆだねられています。
同様に母親としての「働き」もまたあります。何かの理由で夫婦でなく一人で子育てが必要な方には、父性と母性の両方が必要なことが有ります。

母性を「個体の生存」に大きく関わるととらえると、父性は「生活の教育」に関わるととらえることができます。

父性のもっとも大きな責任は、「教え導く」事、つまり指導することです。
生活上のさまざまな場面で、臨機応変に適切な判断をくだし、危険から脱出する能力を養わなければなりません。また人は個では、生きられません。集団で生きて行く中での社会性も幼児期から順を追って培って行かなければなりません。

父性が必要にして十分に働くとき、こどもに生活能力が形成されていきます。
ところが、今日では父性の必要な父親や学校などの教師が「ともだち関係」になっていると言われています。友だちは、対等な関係なので、教え導く事はできません。

父母が「敬われない」根本的な理由は、この意味での、父性(母性も同じことが言えます)が消失しているからではないでしょうか。
教えられ導かれたことが、生活で役立った時、初めて敬う心が生まれるのです。

導かれていないこどもからは、品位、美しさ、礼儀、気品、ふさわしいといった品性が見られません。この子供の状態のままで大きくなって大人になっているのではと思われる人も増えてきました。

父性とは何かを確認して子育てに当たる時代になってきました。
神様から、父親としての働きがゆだねられていると知ってくださるならば、子育てにも違った見方ができるのではないでしょうか。
 

 

 

                25619   (トップページへ)(礼拝説教の目次ページへ)                                 

前週のページへ)(次週のページへ)