トップページへ)(礼拝説教の目次ページへ)  

(前週のページへ)(次週のページへ

説教
2017年  6月 4日

聖書    「使徒2:1〜13」

 


2:1 五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると、
2:2 突然、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、彼らが座っていた家中に響いた。
2:3 そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。
2:4 すると、一同は聖霊に満たされ、"霊"が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。
2:5 さて、エルサレムには天下のあらゆる国から帰って来た、信心深いユダヤ人が住んでいたが、
2:6 この物音に大勢の人が集まって来た。そして、だれもかれも、自分の故郷の言葉が話されているのを聞いて、あっけにとられてしまった。
2:7 人々は驚き怪しんで言った。「話をしているこの人たちは、皆ガリラヤの人ではないか。
2:8 どうしてわたしたちは、めいめいが生まれた故郷の言葉を聞くのだろうか。
2:9 わたしたちの中には、パルティア、メディア、エラムからの者がおり、また、メソポタミア、ユダヤ、カパドキア、ポントス、アジア、
2:10 フリギア、パンフィリア、エジプト、キレネに接するリビア地方などに住む者もいる。また、ローマから来て滞在中の者、
2:11 ユダヤ人もいれば、ユダヤ教への改宗者もおり、クレタ、アラビアから来た者もいるのに、彼らがわたしたちの言葉で神の偉大な業を語っているのを聞こうとは。」
2:12 人々は皆驚き、とまどい、「いったい、これはどういうことなのか」と互いに言った。
2:13 しかし、「あの人たちは、新しいぶどう酒に酔っているのだ」と言って、あざける者もいた。
 

 


説教          聖霊降臨

 



今年の6月4日は、五旬節となります。この日はペンテコステとも言います。

この日は、イエス様が復活されてから50日目になり、約束された聖霊降臨の日でもあります。教会では「聖霊降臨日」ともよびイースター、クリスマスと同様に、あるいは最も大事な日と言うこともできます。

 先にイエス様は、ヨハネによる福音書の14章でお話しされました。それは、ご自身は天に帰って行かれますが、代わりに聖霊であるお方を天より遣わして下さるという約束でした。そのお方は、真理の霊であり、助け主であると言われました。

 イエス様は、復活されてから40日の間、人々とともにいらっしゃいました。昇天されるとき、代わりの聖霊を受けるまで都にとどまり、その後「出て行く」ように言われました。弟子たちやイエス様を信じる人達はそのときを期待して待っていました 。

ペンテコステのペンテは5を表し、コステは10を表します。大麦の初穂の束をささげる日から数えて50日目に行われた祭日であり、穀物収穫の恵みに対する感謝の日でもありました。またこの日は、イエス様が復活されてから50日目になり、約束された聖霊降臨の日でもあります。教会では「聖霊降臨日」ともよびイースター、クリスマスと同様に、あるいは最も大事な日と言うこともできます。

 さて、その聖霊降臨はイスラエルの人々にとって喜ばしい日、五旬節の日に起きました。
五旬節は、収穫感謝以外に、イスラエルの歴史において、エジプトからの解放の記念日、律法が与えられた記念日としてもお祝いされていました。

 聖霊降臨の時の様子が、聖書に記されています。
「五旬節の日になって、みなが一つ所に集まっていた。すると突然、天から、激しい風が吹いてくるような響きが起こり、彼らのいた家全体に響き渡った。また、炎のような分かれた舌が現われて、ひとりひとりの上にとどまった。すると、みなが聖霊に満たされ、御霊が話させてくださるとおりに、他国のことばで話しだした。」(使徒2:1-4)

 この聖霊の働きによって、使途たち、またパウロをはじめ多くのイエス様を信じる人々が、初期の迫害にも負ける事なく、福音が全世界に伝えられることとなりました。

助け主を通して、艱難で窮しても前進する力が与えられ、いかなる状況においても平安がありました。その後今日までに、全世界にイエス様が伝えられました。

 聖霊様は、祈りと期待を持って望んでいる人、イエスは私のキリストであると信じる人すべてに与えられます

 あなたも聖霊様とともに生きるとき、すべてが変わります。神の国を相続し、御霊の実を結ぶことができるのです。ガラテヤ人への手紙5章に記されています。

「しかし、御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、 柔和、自制です。このようなものを禁ずる律法はありません。キリスト・イエスにつく者は、自分の肉を、さまざまの情欲や欲望とともに、十字架につけてしまったのです。もし私たちが御霊によって生きるのなら、御霊に導かれて、進もうではありませんか。 互いにいどみ合ったり、そねみ合ったりして、虚栄に走ることのないようにしましょう。」(5:22〜26)

 あなたにも、地上においては平安を得て、天においては永遠の命を与えられると、約束して下さっているのです。

 

 

                25515   (トップページへ)(礼拝説教の目次ページへ)                                 

(前週のページへ)(次週のページへ