ホーム 保育園の一日 学童保育 オアシスひろば
地   図 入 園 案 内 スナップ写真 一時預かり
  行  事 園だより 参考資料

めぐみ保育園 MEGUMI HOIKUEN 

園 だ よ り

(抜粋)

2017年 8月

年主題   「愛されて育つ」
 

 

                2歳児 

       月主題   “ゆったりと”
       ・神さまの創られた自然にふれる。
       ・人と出会って楽しい経験をする。
       ・保育者と共にゆったりした時間を過ごす。
         
          3、4歳児 月主題 “ゆったりと”

       ・平和をねがい、祈る
       ・いろいろな人、事柄と出会い心をかよわせる
       ・家族や保育者とゆったりとした時間を過ごす
       ・暑い夏を健康に過ごす   
 

 

 

7月、大気汚染物質の濃度が高い日は、屋内で遊びました

  

今月のお話し

                                                
   今月の聖書   「イザヤ45章4節」     
   「わたしはあなたの名を呼び、称号を与えたが、
    あなたは知らなかった。」         
                         
旧約聖書のはじめの創世記にヤコブという人が登場します。

彼はイスラエル12部族の父祖となりますが神様から「イスラエル」と改名されました。「ヤコブ」は「踵を握る者」で、横取りする、おしのけるという意味もあります。「イスラエル」は「神の戦士」という意味があります。

古いイスラエルは西暦70年にローマ帝国により完全に滅ぼされユダヤ人は世界中に離散され、今世紀までほぼ全世界で、徹底した迫害を受けました。

やがて1948年に復興したときに国名にこの「イスラエル」を採用したのでした。

この聖書の言葉は、預言者イザヤを通してイスラエルのひとたちに、被支配からの解放と、隠された富である神様を与えられるという約束の中の1節です。

私たちが時に神様を忘れても、神様は私たちを忘れずに名を呼んで愛し続けている事を表しています。

さて私たちも子供に名前を付けるときたくさんの希望と望みを神様に託して命名します。しかもその名前は百年も千年も、変わらず続くものです。両親や名付け親との関係は忘れられても、名前を付けて呼んでくださったことと、名前を付けられたその事実は永遠に残っていきます。私たち一人一人に名前を付けて呼んで下さった神様との関係も同じなのです。

わが子の名前はたまたま他人の名と同じものであるとしても、それは親子の関係を表すものです。子供が成長してくるとき、命名の理由を聞かれることと思います。そのとき、親子の関係は特別な切り離すことのできないものだと知るでしょう。

この天の宝に匹敵するすばらしい名を口にする時、怒って大声を張り上げず、優しく呼びかけたいもの
ですね。      園長 宮崎富男    

 

暑い日、お部屋で折り紙をしました、

出産間近のモルモットは鏡餅になっていました。赤ちゃんは4匹産まれました。

今 月 の 歌
♪♪♪ 愛を下さい♪♪♪

 
 

イエス様 わたしに いつでも
えがおを あふれる かんしゃ
ゆるせる こころを どんな
ときでも どんなひとにも
あたえる 愛を 愛をください


イエス様 わたしに いつでも
自由を 変わらぬ 友情を
すなおな こころを どんな
ときでも どんなひとにも
あたえる 愛を 愛をください

 

 

  
お願い
 
 ○5日(土)は個人面談の日です。保育はお休みになります。  
   よろしくお願いします。
 ○終園日について
     11:00より礼拝堂にて保護者会、バザーについて話し合います。
    その後ソーメン流しを行います。お残りください。

 ○今年も、7月から全国的に熱中症になる人が多く出ています。8月も暑い日が続きます。
     幼児は背が低いので地面からの輻射熱を多く受けます。外出時は注意しましょう。
   こまめに水分を補給するなどして、引き続き、熱中症に注意しましょう。
 

 

 行事や、個人名などプライベートの事柄は表示しておりません