ホーム 保育園の一日 学童保育 オアシスひろば
地   図 入 園 案 内 スナップ写真 一時預かり
  行  事 園だより 参考資料

めぐみ保育園 MEGUMI HOIKUEN 

園 だ よ り

(抜粋)

2017年10月

年主題   「愛されて育つ」
 

 

               年主題 “愛されて育つ”  

     2歳児 
         月の願い 1・2歳児 “うごく”   


    ・見えない神さまの存在を感じ、
      共に礼拝する  
     ・秋の自然をのびのびと楽しむ。
 

         3.4歳児

                  月の願い“動く”  
       ・神さまのくださっている力と知恵を
         あわせて、共に過ごす。     
       ・遊びの中で気持ちを伝え体を動かす 
      ・季節の移り変わりを感じる。    

 

9月30日は、運動会でした

  

今月のお話し

                                                
      今月の聖書              
   エフェソの信徒への手紙6章4節      

今月の聖書 「箴言(しんげん)10:1 」   

  「知恵ある子は父の喜び、愚かな子は母の嘆き。」         
                        
先月は30日(土)に運動会を行いました。

  
保育園では運動会などの行事は、次の段階への成長ののための「通過儀礼」の一つとして、この子が行事の前後でどんなに成長したかを発見して下さい。

近年は「個性」を認め重んじようと言われています。

その人の現状をありのまま認め重んじることはすばらしい事です。

この「個性」を幼児や児童にまで同じように認めようとしています。幼児や児童の現状を良しとしてしまうと、サポートや訓練、成長することが、必要とされなくなります。

行政には諸費用の節約となり、家庭ではしつけや訓練などの世話や手間がいらなくなります。

昔の児は、生活面でも、もっとできたのだが成長が遅れているのではと感じている人もいます
幼児や児童には、しつけや訓練を通して成長への援助が必要です。

聖書に、訓練されない子は庶子(しょし)ではないとの言葉もあります。

今月の聖書の言葉は、父と母が対照されていますが、意味上は両親です。現代の日本では、学校の成績が悪い勉強のできない子や、素行が良くない子を持つ親は心を痛めています。

ここの知恵や愚かは、IQの値や偏差値ではなく、世渡りの上手下手でもありません。

知恵があるとは本来、主である神を畏れ敬うことです。愚かとは、その神を否定し、ないがしろにすることです。神を知り、畏れ敬うことは、悪から離れ、謙遜になり、人に優しくなります。神様の喜ぶことをするようになります。愚かは、人のことは考えず自分中心の傲慢な生き方となります。神様を否定する生き方は、人からも神様からも信頼されないことになります。  

神様と人から愛される子は、両親の喜びであり、誇りとなるでしょう。

知恵のある子に育てると、両親は老後まで安心ですね、   園長 宮崎富男

 

暑い日、砂場に水を入れて、砂遊びや泥んこ遊びをしました

今 月 の 歌
♪♪♪よろこびひろげよう ♪♪♪
 

 
1、よろこびひろげよう
※ くりかえし
ちいさなぼくたちだけど
 イエス様はどんなときでも
愛して 守って下さる

 2、さびしさ わすれよう ※
  3、くるしさ のりこえよう ※
 4、かなしさ ささげよう ※
 5、あかるさ いつまでも ※
  6、ほほえみ どこにいても ※
  7、ゆうじょう だれとでも ※
8 〜13 略

 

 

  
お願い
 
    
1 涼しくなって来ましたが、日中は半袖で良い日もあります
  服装の調整をしやすいようにご配慮下さい。 
  また出来るだけ薄着で過ごし、冬への備えをしてゆきましょう。     


2 11月3日のバザーの準備の予定    


   10/28(土)9:00〜 お父様方を中心に  
    テント張り、テーブル出し  
   14:00〜 実行委員会


   11/ 2(木) 午前中保育  
            13:00〜 バザー準備


3 新しいおともだち 略
 

 よろしくおねがいします
 

 行事や、個人名などプライベートの事柄は表示しておりません