ホーム 保育園の一日 学童保育 オアシスひろば
地   図 入 園 案 内 スナップ写真 一時預かり
  行  事 園だより 参考資料


めぐみ保育園 
MEGUMI HOIKUEN 

園 だ よ り

(抜粋)

2019年 8月

年主題  ー「ことばに満たされて」 ーひびきあう
 

 
  

   2歳児 月主題 “ゆったりと”

    ・ 夏の生活の中でゆったりと過ごす  
    ・好きな遊びをじっくりと楽しむ。  
 

   3、4歳児 月主題“ゆったりと”

    ・神にある平和を、ともに考え祈る。    
     ・夏の生活をゆったりと過ごす       
    ・自然に親しみ、人との出会い     
      楽しい経験を深める          
    
 

     

7月お泊り保育で、食事を作ったり、遊んだりしました

今月のお話し

    今月の聖書               
   マタイによる福音書25章40節      
「わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人に  
したのは、わたしにしてくれたことなのである。」
                        
 イエス様は弟子たちに、「わたしが、空腹のときに食べさせ、かわいていたときに飲ませ、旅人であったときに宿を貸し、裸であったときに着せ、病気のときに見舞い、獄にいたときに見舞ってくれた」から、天国はあなたのものであると言われました。

みんなは、自分がいつイエス様にそんなことをしましたかと、聞いたときに「あなたがたによく言っておく。」と言われた言葉がこの聖書のことばです。

  文豪トルストイはここから「靴やのマルティン」を書きました。果物を盗んだ子、雪かきのお年寄り、赤ちゃん連れの貧しい行きずりの女の人などを見かねて
世話をしてしまった靴やのマルティンにその夜イエス様が会われるというお話です。

 聖書には、「下着を2枚持っている人は、持っていない人に1枚をあげよ」とも書かれています。子供たちもやがて、物質的、精神的に不足している人の痛み
がわかり、手を差しのばすような人間に育って欲しいと願っています。それには、人は神の前に平等に生きる権利と尊厳を与えられている事を知ることが原点になります。

 災害では亡くなる人の多くは、自力で逃げられないお年寄りでした。干ばつや飢饉では子供たちから犠牲なります。戦争や地域紛争でも兵士よりも一般住民の犠牲が多くあります。私たちはもっとも弱い人が犠牲にならずに、尊厳を認められる事を望んでいます。

 尊厳とはその人の考えも重んじることですが、利益追求の社会から弾き出されそうになる弱者の一人に当然のこととして、自分の自由な意志で手をさしのべる人が神と人から愛されるのです。

どんなに小さな奉仕でも、神様が喜んで下さると言われます。小さいうちから、大人の良い手本が必要ですね。園長 宮崎富男

 

 

7月の梅雨明けから、週2回、水遊びを始めました

今 月 の 歌

♪ ♪♪♪
♪♪♪ 「愛を下さい」♪♪♪


 イエス様 わたしに いつでも
 えがおを あふれる かんしゃを
 ゆるせる こころを どんな
 ときでも どんなひとにも
 あたえる 愛を 愛をください


 イエス様 わたしに いつでも
 自由を 変わらぬ 友情を
 すなおな こころを どんな
 ときでも どんなひとにも
 あたえる 愛を 愛をください
 

       お願い

 ○3日(土)は個人面談の日です。保育はお休みになります。       
    よろしくお願いします。
  
 ○終園日について       
     11:00より礼拝堂にて保護者会、バザーについて話し合います。  
  その後ソーメン流しを行います。お残りください。
 
○今年も、7月から全国的に熱中症になる人が多く出ています。
 8月も暑い日が続きます
 幼児は背が低いので地面からの輻射熱を多く受けます。外出時は注意しましょう。
  こまめに水分を補給するなどして、体温を下げ、引き続き、熱中症に注意しましょう。

 行事や、個人名などプライベートの事柄は表示しておりません