ホーム 保育園の一日 学童保育 オアシスひろば
地   図 入 園 案 内 スナップ写真 一時預かり
  行  事 園だより 参考資料

めぐみ保育園 MEGUMI HOIKUEN 

園 だ よ り

(抜粋)

2018年 7月

年主題  「イエス様と共に生きる」
 

         年主題「イエス様と共に生きる」

             副題 〜愛の交わりの中で〜

      1、2歳児 月主題 “ふれて”     
 

   ・祈りを通してイエス様を身近に感じる。 
   ・水や砂、土に触れて遊ぶ。       
   ・保育者と共に夏の遊びを楽しむ。  
 

      3、4歳児 月主題“交わる”         
 

   ・賛美したり祈ったりする気持ちを表す。 
   ・遊びを深め、生き物や友だちとの   
     交わりを深める。     
    ・自分の思いや意見を伝えようとする 


 

梅がたくさん出回るこの頃、お家の方と一緒に梅ジャムつくりをしました。

今月のお話し

    今月の聖書   箴言4章1節

「子らよ、父の諭し聞け             
  分別をわきまえるために、耳を傾けよ」    
                        
子育ての中で、できそうで、なかなかできないことがほめることと、注意する事です。

子どもたちの良いところを見付けてほめることが、やる気を出す力になることも誰もが知っています。ところがほめるよりも感情に負けて、叱ったり、怒ったりすることが多いものです。

古くなりましたがある調査で、毎日の食事の間に親子の対話の内容を調べました。

この中でほめるなどプラスの方向の言葉かけは零回と2回が最も多くマイナス方向の叱る、怒る、注意する等の言葉かけは20回以上が最も多かったそうです。実に、1日3食年に2万回以上しかり続け、褒めたことなどない家庭もありました。

萎縮しないで伸び伸びと育って欲しいと願っているわたしたちの家庭ではどうでしょうか。

何かで注意しても、始めは自分に言っているのだと分からない児もいます。又、少子化傾向の中での子育てでは過干渉になり、自己中心型の子供になっていきます。 それを防止するには、他の人の存在を認め、分け合うことを学ぶ必要があります。

聖書は諭し方、聞き方が大事と言っています。家庭では兄弟姉妹におやつを与えるとき分けてから与えずに、子供達の目の前で分けさせます。一人っ子の場合では、大人とでも必ず分けることにより、他の存在を受け入れる訓練となります。

物の与え方ひとつで、忍耐する事や、社会生活を学ぶことができます。

対人関係や社会規範は、家族の教育、諭しによって獲得して行きます。 年に2千回、2万回もしかられ続けている子は、次の「小言」など聞くはずがありませんね。

自己中心で、不遜な子にしないためには、夫婦や祖父母で連携して行くことが大事です。
 

分別の有る子育てが、分別のある子をそだてます。みんなが伸び伸びと、思いやりという優しさのある一人に成長することを願っています。 園長 宮崎富男

 


 

梅雨で、雨の日は室内で過ごすことが多くなります

今 月 の 歌

♪♪♪うみでおよぐ ♪♪♪

 「うみでおよぐ」

 1 うみでおよ−ぐ さかなたち 
  そらであそぶ  ことりたち
   わたくしたちも かみさまに
  つくられそだった なかまた
 
2 きれいないろの くさや はな
   やまや もりの けものたち
   わたくしたちも かみさまに  
まもられ なかよく  
あそびましょう

 
 

      お願い

       省略

 行事や、個人名などプライベートの事柄は表示しておりません