ホーム 保育園の一日 学童保育 オアシスひろば
地   図 入 園 案 内 スナップ写真 一時預かり
  行  事 園だより 参考資料

めぐみ保育園 MEGUMI HOIKUEN 

園 だ よ り

(抜粋)

2017年 6月

年主題   「愛されて育つ」
 

 

             1・2歳児        
          月主題「わくわくする」


        ・自然に触れて興味を持つ     
        ・友だちや身近な物事に心を動かす  
        ・さんびかや祈りに心を合わせる

 

            3・4歳児 

           6月主題「ふしぎ」

     
        ・神様が作られた自然の不思議に  
         目をとめ関心を持つ
        ・いろいろな物に興味や関心を持つ
        ・生活の中で予想したり試す

 

 

 

大気の綺麗な日、屋外でのフラフープ遊びをしました

  

今月のお話し

                                                
    今月の聖書                
   エペソ人への手紙6章4節          
「父たる者よ。子供をおこらせないで、主の薫陶と訓戒とによって彼らを育てなさい。」       
                         
 5月の第2日曜日は母の日で、6月の第3日曜日は 父の日です。

ともにアメリカで教会行事として、母の日は1908年からお祝いされ、父の日は30年遅れの1940年からお祝いされるようになり、世界に広がりました。

母の日は、日本では、大正時代から婦人矯風会とキリスト教会が一緒に運動を始めましたが、あまり活発 ではありませんでした。しかし、戦後昭和26年に郵便局の販売促進で大々的に行事が行われ定着しました。 
一方、父の日は、1940年アメリカ、ワシントン州のジョン・ブルース・ドット夫人が、男女同権の立場から、母の日に対して、父の日を提唱して行事を行い始まりました。日本では、記念日の意味よりも、百貨店スーパーなどが商品販売に利用することに懸命なようです。

 この聖書のことばは、パウロが西暦61年にローマの獄中から書き送ったたものです。

パウロは、世界の平和は、神の教会によるひとつの共同体によって、全ての隔て(へだて)と敵意が無くなることで実現すると、言っています。これはアインシュタインが提唱した、今日、まだ実現していない「世界連邦によって平和を実現する」思想に通じています。 

またこの手紙には子育てに関しても記されています。

日常の生活の中で「父性」の確立と、「父」に感謝し、子からは父として感謝される関係が望まれています。

 聖書は、家庭を良く治め、こどもを良く教育することが「父」の務めであるといっています。叩かれて育つと反発し自分より弱い他人への攻撃心が大きくなるようです。

柔和なことばは、受容と柔順を養い分別心を育てます。子供が正しく誠実な人間と成長するなら家庭は安息の場所となり、祝福の場所となります。


正しい子どものしつけ、教育の成果が、父親自身へのプレゼントになるでしょう。 

  園長 宮崎富男  

 

柿の花が今年もたくさん降って、ケーキのトッピングにしました

今 月 の 歌
♪♪♪ 花のように♪♪♪

 
 「花のように」

1 はなのように あかるくあかるく
  いちにち みめぐみ ほめうたう
  こども こども しゅのこども  

2 はなのように やさしくやさしく
  いちにち みんなをなぐさめる
   こども こども しゅのこども

3 花のように ひかりをあおいで
いつでも ひかりのなかにすむ
こども こども しゅのこども

 

               おしらせ
  6 月 の 健 康 に つ い て
 ・ 一年中で最も夜が短くて、十分な睡眠を取りにくくなる季節です。また、気温の  
  日差も大きくなり体の疲れが取れないまま過ごす事もあります。
 
 ・ 園でも十分気を付けて過ごしますが、ご家庭でも、栄養面、睡眠、衣服の調整の
   ご配慮をお願いします。

  ・手洗いも十分しましょう

 ・外気の悪いときは、マスクをさせてあげましょう 。
  最近は報道されませんが、pm2.5や、スモールpmに加えて、
  オキシダントの高い日が多いです。

     

 行事や、個人名などプライベートの事柄は表示しておりません