「聖書の無誤性に関するシカゴ声明」 トップページへ)     (目次へ戻る
日英

英語

 

聖書の無誤性に関するシカゴ声明

序文

聖書の権威は 現代及びすべての時代のキリスト教教会において鍵となる論点です。 
イエス・キリストを主また救い主とする信仰を告白する人々は、神の書かれたことばに謙虚に忠実に従う 弟子(信仰者)としての現実を示すと言われます。
信仰や行いが聖書からそれることは、私たちの主に対して不忠実となります。
全体の真実と、聖書の信用の認識とは、完全な理解とその権威への適切な告白に欠くことができません。

以下の声明は、聖書の無誤性を新たにし、その理解を明確にし、否定に対して警告することを確認します。
我々は、イエス・キリストと聖霊の証言をないがしろにすることと、神ご自身のことばが真実なクリスチャン信仰を特徴付けると主張することを拒絶することは、否定することと、確信しています 。
我々は、同じクリスチャンの一部と、この教義に対する世界全体としての無理解による 無誤性の真実に対する現在の誤りに直面して、この確認の作成の任務が時宜を得ていると考えます。

この声明は3つの部分から成り立ちます:要約声明、確認と否認と付属の説明の物です。
それはシカゴで(今まで)3日間の協議の間に準備されていました。
要約説明と条項に署名した人たちは、聖書の無誤性について、彼ら自身の信念を確認して、 この教義に対して、増大している評価と理解に、お互いとすべてのキリスト教徒を奨励し挑戦することを望んでいます。
我々は短い、集中的な会議で準備された書類の限界を認めて、そしてこの声明が 信条としての重要性を与えられることを提案しません。
それでも我々は、我々の会議を通して一緒に我々自身の信念を深くすることを喜んでいます。そして我々は我々が署名した声明がその信仰、生活と使命で教会の新しい改革に向かい、神の栄光に 用いられるであろうことを祈ります。

我々は、論争ではなく、謙虚さと愛の精神でこの声明を提供します、そして我々が言ったことから生じるどんな未来の対話でも維持しようと神の恵みによって決意します。
我々は、聖書の無誤性を否定する多くの人が彼らの信念と行動でこれを否定していることを表わさないことを、喜んで認めます。
そして我々は、神の言葉に対する本当の従属の中に 我々の思考と行為、我々の慣例と習癖をもたらすことにより失敗する(従えなくなる)生活の中で、この教義を告白するとき、それをしばしば否定することを意識しています。

我々は、聖書についてその確認を修正する理由があるとき、我々が話し、よって立つ絶対確実な権威の下で、聖書自身の明かりによって、声明に対する応答を歓迎します。
我々は、我々が伝える証言のために個人の無謬性の権利を主張しません、そして神の言葉の証しを強めることができるようにするどんな手助けでも、我々はありがたく思うでしょう。


A SHORT STATEMENT
短い声明

1、神は真実であって、そして真実のみを話す神は、道に迷った人類にイエス・キリストを通して彼自身が創造者と主、救助者と裁判官であることを明らかにするために聖書に霊感を与えました。聖書は、神ご自身の証人です。

2、聖書は神自身の言葉であって、聖霊によって、準備され、導かれた人たちによって書かれて、触れることのできるすべての問題の中で、絶対確実な神の権威であり、神の教授するものが、それが確認するすべてで、それが必要とするすべてで、それが約束するすべてで、神の誓約として容認し、神の命令として従い、それらは信じられるものです。

3、聖霊と、聖書の神に立てられた著者の両者は、神の精神的な証人であること、証人の意味を理解するために我々の心を開くことによって、我々にそれを認証します。

4、完全であり、そして口頭で神によって与えられた、聖書はその教えのすべてに、創造における神の働きだけでなく、世界史の事象について、そして神の下のそれ自身の文学的な起源について、個人の生活での神の救いについて、誤りや欠陥がありません。

5、聖書の権威は、もしこの全体の神の無誤性が制限されたか、あるいは無視された方法にあるなら、聖書自身のものと正反対に真実の光景と比較して作られ、避けられないほど損なわれており、このような過失は個人と教会両方に重大な喪失をもたらします。


確認と否定の条項 (以下、「確認」は「主張」と読み替えて良い)

第1条
我々は聖書が信頼すべき神の言葉として、受け入れられるはずであることを確認します。
我々は、教会の権威、伝統、人に起因する一切のもの(の影響)を、みことばが受けることを否定します。

第2条
我々は、みことばが至高の書かれた規範であり、善悪の観念と教会の権威はみことばの権威よりも下位にあることを確定することを確認する。
我々は教会の信条、会議(評議会)、あるいは宣言が、聖書の権威と同等かそれ以上の権威を持っていることを否定します。

第3条
我々は、書かれたことばが完全に神によって与えられた啓示であることを確認します。
我々は、聖書の正当性が、単に啓示の証拠であること、あるいはただ単に偶然に啓示となっただけであるか、あるいは人の応答次第によることを否定します。

第4条
我々は、啓示の手段として、神が神のイメージに人(人類)を、言葉によって創造したことを確認します。
我々は、人のことばは、神の啓示の媒体としては不十分な状態で創造されているため、限定されているということを否定します。我々は、罪を通しての人間の文化と言語の堕落が、霊感による神の仕事を妨害したということを、さらに否定します。

第5条
我々は、聖書にある神の啓示は進歩的であることを、確認します。
我々は、後の啓示が、前の啓示で満たされたことを修正したり否認することを否定します。
我々は、新約聖書の完成から後に与えられるどんな規範的な啓示でも、さらに否定します。

第6条
我々は、聖書全体またその一部、オリジナルの言葉そのものが、神の霊感によって与えられたことを確認します。
我々は、聖書の霊感が、部分をともなわない(一部が欠けた)全体、全体でないいくつかの部分によって確認されることを、否定します。

第7条
霊感は、聖霊による神の働きであり、人の書き手を通して、神のことばを与えたことを確認します。みことばの原典は神のものです。神の霊感の様式は、謎のままです。
我々は、霊感が人間の洞察によって弱められ、あるいはどんな種類の意識の状態かで高められることができることを否定します。

第8条
我々は、神の霊感による働きとして神は特別な人を選び用意された著者として、彼らの著作物を用いたことを確認します。
我々は、神が、これらの著者に神が選択したその単語を使わせることにおいて、彼らの人格に優先したことを否定します。

第9条
霊感は、聖書の著者が話をして、そして書こうとした本当で信頼可能な言葉を保証するが、全知を授けないことを確認します。
我々は、これらの著者の有限性あるいは堕落が、必要やそうでないことによって、神のことばにわい曲あるいは偽りを導入することを否定します。

第10条
我々は、霊感が、厳密に言えば、神の神意の中で大きい正確さで利用可能な写本から確認されることができる聖書の写実的なテキストにだけ当てはまることを確認します。
我々は、さらに聖書の写本と翻訳が、誠実に原典を表す限りにおいて、神のことばであることを確認します。 我々は、キリスト教の信仰のどんな本質的な要素でも、自筆文書の欠如によって影響を与えられるということを否定します。我々はさらにこの欠如が聖書の無誤性の主張を無効であるか、あるいは無関係にすることを否定します。

第11条
我々は、聖書は、神の霊感によって与えられて、絶対確実であり、それで、我々を誤り導くことから離れて、すべての問題で真実で、信頼できることを確認します。
我々は、その主張において、同時に絶対確実で、そして常軌を逸していることは、聖書にとって可能であるということを否定します。無謬性と無誤性が区別されるかも知れませんが切り離せません。

第12条
我々は、聖書が全部、すべての偽り、欺瞞、あるいは虚偽がなくて、 無誤性であることを確認します。
我々は、聖書の無謬性と無誤性が歴史と科学の分野での主張を除いて、精神的な、宗教上か、あるいは贖罪のテーマに制限されることを否定します。
我々は、さらに地球の歴史についての科学的な仮説が、創造と洪水の聖書の教えを覆すために使われることを否定します。

第13条
我々は、聖書の完全な真実に関して、無誤性を神学の用語として使用することについて妥当であることを確認します。
我々は、異質な用法と目的である真実と誤りの標準によって聖書を評価することが適切であるということを、否定します。
我々は、さらに 近代的な技術的精度の不足によって、聖書の事象によって否定されることや、文法あるいはつづりの変則、自然の観察の記述、誤った報告、 誇張や、丸められた数の使用(概数、10や100などのように、不正確)、物質の話題の配列、平行した利益における物質の異なる選択、あるいは自由な引用の使用により否定されることを、否定します。

第14条
我々は、聖書の統一性と内部の一貫性を確認します。
我々は、聖書の主張が真実の価値を低下させるという、未解決の誤りと相違の主張を、否定します。

第15条
我々は 無誤性の教義が、霊感について聖書が教えることに基礎を置くことであると確認します。
我々は、聖書についてのイエスの教えが、和解への訴えや、イエスの人間性における自然の制限によって 退けられるということを否定します。

第16条
我々は、 無誤性の教義が教会の歴史を通じて教会の信仰にとって不可欠であったことを確認します。
我々は、無誤性が、スコラ学のプロテスタント主義によって創案された教義であるか、あるいは否定的な高等批評に応えて仮定される反動主義者立場であることを否定します。

第17条
我々は、聖霊が、神の書かれた言葉を真実と信じる人たちを保証し、聖書を立証することを確認します。
我々は、聖霊の証しが、聖書からあるいは聖書に対立して、分離してはたらくことを否定します。

第18条
我々は聖書のテキストが、その文学的な形式と方策を考慮して、 歴史的・文法的釈義(文法的ー歴史的grammatico-historical)によって解釈されるはずであり、そしてその聖書により、聖書を解釈するはずであると確認します。
我々は、 テキストのいかなる処理の、背後にある出典の探求や、相対化に導くこと、歴史化すること、その教えの価値を下げることや、著者に対する主張の拒絶による正当性を否定します。

第19条
我々は、聖書の完全な権威と無謬性と無誤性の告白が、キリスト教信仰の全体の健全な理解にとって極めて重要であることを確認します。
我々は、さらにこのような告白が、キリストのイメージへの調和を増すことにつながることと確認します。
我々は、このような告白が救いに必要であることを否定します。
しかしながら、我々はさらに、無誤性が個人にもそして教会にも、共に重大な因果関係なしに拒絶されることができることを否定します。

 


資料
(引用元 https://ja.wikipedia.org/wiki/聖書の無誤性に関するシカゴ声明)


聖書の無誤性に関するシカゴ声明(The Chicago Statement on Biblical Inerrancy)は、 キリスト教の聖書的、教理的、神学的な声明。1978年10月、 200人を超える福音主義の指導者が一堂に会したシカゴ会議で発表された。
声明は、自由主義神学(リベラル派)の傾向から、聖書の無誤性(Biblical inerrancy )を防衛することを意図するものであった。
声明に署名した神学者の中には、J・I・パッカー、カール・ヘンリー、フランシス・シェーファーらがおり、福音派の著名な神学者が名を連ねていた。
声明は序文、要約声明、主張と否定の諸条項からなる。19ある諸条項で「われわれの見解を明らかにするとともに、否定論に対しては警告することによって、聖書の無誤性をあらためて主張するものである。」としている。

声明の中で無誤性は、写本ではなく、聖書の原典にのみ適用されると述べた。

シカゴ声明は、日本の福音主義教会において聖書信仰として確認された。日本プロテスタント聖書信仰同盟(JPC)の総会は、聖書論論争を経て、1987年2月5日に聖書の権威に関する宣言を発表した。